人気ブログランキング | 話題のタグを見る

走れ!Nally!

真空管の保管方法?

 6SN7GTBの互換球を幾つか手にすると、次は300Bや845の交換球を入手したくなりました。
しかし増えてきた交換球を一体「どんなふうに保管したらよいのだろう?」とふと考えました。
はてさて真空管の保管方法とは如何に?

写真は2007現在最強のトリオ、セトロン845、ウエスタン300B、RCA5692 (SANYO XACTI HD1)
真空管の保管方法?_e0147592_21232028.jpg




 半導体の保管方法は意外と「生もの的鮮度」が重要になります。
基板が長期保管するとハンダの載りが悪くなる、LEDは期限を越えて保管すると吸湿しリフローやハンダ付けの熱で内部が破壊され点灯しなくなる、etcetc、意外と「鮮度」が重要だ。
 ところが真空管は面白い、真空管を検索していると「NOS球」と言う言葉がある。
NEW OLD STOCK、真空管は長期保管ができ長年冬眠していたようなものなのだ。
驚いてしまう。
まぁ普通の半導体も保管状態がよければ同じかもしれないが、NEW OLD STOCKと言う響きが心くすぐる、50年も前の真空管、自分が生まれたよりはるか以前の真空管が21世紀で目を醒す…なんとも面白い。

 そこで互換球を手に入れた時、予備球は長期保管になるだろう。
単純に長期保管と言えば…「温度、湿度が管理された暗所」保管となる。
まぁどんな部品もこの保管状態ならまず問題はないだろう。
半導体部品ならば、”デシケーター”管理がある。
「デシケーター」は単純に言えば”防湿庫”になる。
この「防湿庫」は最近ポピュラーでカメラや精密機器の保管用としてそこそこの価格で手に入る。もしくは、家の涼しくて暗いところに置けばいいんだろう。

 とまぁここまでは、予想の範疇だったがサンバレーさんに相談して驚いたのが
「立てた状態で保管することが一番大切」とのこと。
特に三極管は、これが一番大切で五極管、ビーム管は横置き使用も考慮されて設計されているとのこと。
なるほど、845なんか馬鹿でかい図体なので長期間横置き保管するとフィラメント等の位置がずれる可能性は十分ある。
確かに軍事用や高信頼性が要求される真空管は、フィラメントの位置がずれないように補強等が入っているのは以前目撃した。

「専門家はやはり専門家だなぁ」と唸る一日だった。
by rhr_nally | 2008-11-18 21:41 | 真空管 | Comments(0)

オーディオと音楽の専用ブログから脱線しました(笑)
by Nally
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

23.5kgですか、うち..
by 元新潟のU at 09:34
スピーカー
by スピーカー at 08:06
上野旬也
by 今井慶松 at 08:06
D-72さん、こんにちは..
by rhr_nally at 15:29
元新潟のUさん、こんにち..
by rhr_nally at 15:16
Nally様 初めまし..
by D-72 at 14:23
ボリュームにガリ出ちゃい..
by 元新潟のU at 13:22
> 元新潟のUさん 2..
by rhr_nally at 21:06
こんばんは、元新潟のUさ..
by rhr_nally at 21:04
>音質?もちろん、次回に..
by 元新潟のU at 10:25
スピーカー
by スピーカー at 22:09
宇京頼三
by 上杉裕世 at 22:09

検索

ブログジャンル

イラスト:まるめな